2011年06月02日

カバーページを作りました!

ついに!つくばリポジトリのPDFにも「カバーページ」がつくようになりました!

まずは実例をご覧ください。

ご覧の通り,カバーページとはコンテンツ(論文などのファイル)の1ページ目にその出所などのデータ,図書館風に言うと書誌事項や,著作権などが表示されたものです。

リポジトリに登録されているPDFファイルで二つ困っていることがありました。
・GoogleなどからPDFに直接アクセスした場合,書誌事項がわからない
・最近,海外の出版社がリポジトリ公開条件として詳細な著作権関係の表示を求めているが,本文ファイルの欄外に入りきらないたらーっ(汗)
メタデータからカバーページを自動生成することで,一石二鳥,一挙に解決です。

ただし,筑波大学電子図書館にPDFがある場合,具体的には学内発行紀要,博士学位論文などにはカバーページはつきません。
また,出版社版PDFは筑波大が作ったものではないので,つけられません。

作成に当っては,
鈴木敬二@江別さんのPDF文書にカバーページを付ける(新)
DRFサイトの公開パッチ適用等によるカスタマイズ報告カバーページ
に力いっぱいお世話になりました。記して感謝いたします。

実際に適用・修正・調整をしてくださったのは電子図書館係のGさんです。ありがとうございました!

続きがあります
posted by Tulips-R at 17:13| 茨城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | リポジトリ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。